11月2日(土)~3日(日)、東京駅大丸有エリア(丸の内仲通り)におきまして、丸の内農園「ジャパンハーヴェスト2019」が開催されました。
 本イベントは、生産者と消費者が交流できる体験・ふれあい型のイベントです。農業体験や農業への熱い思いを持った学生たちによる展示や試食・販売などが実施されました。
 和食会議では、体験ゾーンにおいて、企業・団体会員3社を取りまとめ、4つの和食文化体験ブースを運営し、昆布だし、かつお節だし、味噌の食べ比べ、すまし汁の試飲を実施しております。2日間で約12,800杯の試飲、試食を行い、来場者に和食の要であるだしのうま味を体感していただき、多数の一般来場者に和食の提案ができました。
 更に、和食会議の4つのブースを体験していただくと、景品がもらえる(1日先着200名限定)和食スタンプラリーは大変盛況となりました。
 今回和食会議ブースをお手伝いいただきました会員の皆様には、厚く御礼申し上げます。

 【和食会議 和食体験ゾーンへ出展の団体・企業会員と実施内容】※ブースの配置順
  一般社団法人日本昆布協会    昆布だしの試飲 昆布パネル、昆布(実物)の展示
  株式会社にんべん        かつお節だしの試飲、かつお節削り体験
  マルコメ株式会社        みその食べ比べ
  一般社団法人和食文化国民会議  「だし」のうま味が感じられる「すまし汁」の試飲

 【だし食材及びスタンプラリー景品提供】
  一般社団法人日本昆布協会、株式会社にんべん、マルコメ株式会社、フジッコ株式会社

 【和食会議ブースでの応援者】※五十音順(敬称略)
  江藤啓子、高橋透、西山康子、森敦子

 【他協力】 
  一般財団法人国民公園協会皇居外苑 楠公レストハウス

DSC07137
DSC07127
DSC07131
DSC07145
DSC07149
DSC07144