一般社団法人和食文化国民会議(略称:和食会議)は、和食文化を次世代へ継承するため、その価値を国民全体で共有する活動を展開しています。

和食文化とは

  • HOME »
  • 和食文化とは

平成25年12月4日、「和食;日本人の伝統的な食文化-正月を例として-」は、ユネスコの人類の無形文化遺産の代表的な一覧表に登録されました。一覧表では、「和食」を料理そのものではなく、「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた「食」に関する「習わし」と位置付けています。

「伝統的な日本人の食文化」とはどういうものでしょうか。

特徴1. 多様で新鮮な食材と素材の味わいを活用

日本の国土は南北に長く、海、山、里と表情豊かな自然が広がっているため、各地で地域に根差した多様な食材が用いられています。また、素材の味わいを活かす調理技術・調理道具が発達しています。
culture_001

特徴2. バランスがよく、健康的な食生活

一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。また、「うま味」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の長寿、肥満防止に役立っています。
culture_002

特徴3. 自然の美しさの表現

食事の場で、自然の美しさや四季の移ろいを表現することも特徴のひとつです。季節の花や葉などで料理を飾りつけたり、季節に合った調度品や器を利用したりして、季節感を楽しみます。
culture_003

特徴4. 年中行事との関わり

日本人の食文化は、民族の年中行事と密接に関わって育まれてきました。自然の恵みである「食」を分け合い、食の時間を共にすることで、家族や地域の絆を深めてきました。
culture_004

私たちの食文化を守り、育て、そして明日へと繋げていくには、まずは知ること、実践してみること。あなたが興味を持ってくれること、それが小さなことですが、それが大事な一歩です。

 

以下の資料をダウンロードできます。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5817-4915 受付時間:(平日)10:00〜17:00

PAGETOP
Copyright © Washoku Japan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.