放置すれば失われてしまうかもしれない和食文化、その保護・継承は和食会議のミッションです。
2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されて、10年になります。この機会に再度、「和食」を一層身近に感じていただけますよう情報等お届け出来ればと存じます。

2022年7月から『「和食」のつぼ』と題しまして、和食文化にまつわる様々なお話をそれぞれの専門の方の視点からわかりやすく執筆いただきました。
ホームページに掲載しておりますので、ご覧ください。

2023年7月からは、継続いたしまして、『「和食」のつぼ』 vol.2を掲載いたします。
1年間、様々なテーマを設け、各テーマを2回~4回連載いたします。
最初のテーマは、「水」 「水 水と自然」 株式会社メイスイ 永井秀樹氏、「料理と水」 三菱ケミカル・クリンスイ様に執筆いただきます。
その後、「旬」 鵜飼治二氏、「伝統野菜」 入江亮子氏、「和のスパイス」 ハウス食品グループ本社株式会社様、「発酵」 柳原尚之氏、「発酵・酢」 株式会社Mizkan Partners様、そして「道具」 長田勇久氏、最後に「かたち・文様」 海老原誠治氏を予定しております。

「和食っていいね!」と思っていただき、「ほぉ!」と思わず言ってしまうようなお話をお届けできたらと存じます。
普段の生活に、ふと思い出し、参考にされたり実践していただければありがたい限りです。
このコラムをお楽しみいただき、ご家族やお友達との会話で「和食」が話題にのぼり、この先10年20年、さらに次世代に伝えて行くことができましたら幸いに存じます。

一般社団法人和食文化国民会議 事務局

「和食」のつぼ Vol.2

16

和のスパイス
−2−

長野のわさび田を見たことがあります。
清流とわさびの緑で清々しい気持ちになりました。
わさびの育つ環境がいつまでも続きますよう。

和のスパイス
−1−

日本原産の野菜は、わずか20種類ほどのようです。
「わさび」もそのひとつ。英語でも「wasabi」
今月は、和食に欠かせない和のスパイスのお話です。

伝統野菜
−2−

信州の伝統野菜「ねずみ大根」の辛い汁で食べる蕎麦の話が、鬼平犯科帳に出てきます。
現在も食べられている味、江戸時代からの味を試してみたいです。

伝統野菜
−1−

春に皇居のお濠土手に可憐な花の群生があるそう。
後に「江戸城濠大根」と名付けられたのです。
多摩川土手でも花を見ます。
ハマダイコン、花の絨毯が広がっています。


−4−

「今日は初物の鰹」「今が一番おいしい」「新たまねぎは今年最後」などと話しながら、家族や仲間と「旬」をいただきます。「旬」のものを未来も食べられるよう子どもたちにも伝えてゆきたいです。


−3−

10日という意味の「旬」。10日で若竹になってしまうことから、旬に竹冠で筍。
「旬」のものの美味しさを逃さずにいただきたいものです。


−2−

北斎の「神奈川沖浪裏」の押送船、初鰹を急いで運んでいるようです。はしり・さかり・なごり、と「旬」を分けているのは日本くらいなようです。
「旬」に敏感で大事にしてきたことが窺えます。


−1−

「春苦味、夏は酢の物、秋は辛味、冬は脂肪と合点して食え」とは、「食育」の提唱者「石塚左玄」の言葉。旬のもの、その土地のものを食べることの大切さを教えてくれます。今回からは、「旬」鵜飼様のお話です。