11月24日「和食の日」は、日曜日のため、11月22日に敦賀市第二早翠保育園で園児103名、保護者30名を対象に出前授業を開催いたしました。
講師は、和食会議理事の奥井海生堂社長 奥井隆氏です。

 前日からクリンスイの浄水に昆布を浸け、一晩掛けて水出し作りました。当日は11時より、園長先生の挨拶で始まりました。その後、奥井氏の「和食の日」の紹介、昆布や鰹節の話がありました。続いて昆布の説明や昆布のクイズをし、活発に園児との交流が出来ました。
 次に4大昆布銘柄を実際に見て触れて、匂いを体験しました。特に10メートルの昆布には、歓声が上がりました。昆布だしの試飲では、鰹節を口に含み、その後昆布だしを口にして飲むことで、うま味の相乗効果を体験していただき、授業を終えました。
 給食では、昆布や鰹節を使った汁物やとろろ昆布を添え、園児を一緒にいただきました。奥井氏から昆布とうま味のお話など、楽しく会話しながら、和食給食を味わいました。

DSCN5218