6月22日(土)、アスクくらまえ保育園において園児とその保護者を対象に「おいしいお茶のいれ方教室」が開催されました。講師は、株式会社伊藤園の鈴木実氏です。
 はじめに、講師からお茶の種類の説明と急須を使用したお茶のいれ方について説明を受けました。
園児たちが、急須でお茶を入れるのは、初めての体験です。はじめは緊張した面持ちでしたが、1回目の体験をした後は、緊張もほぐれた様子で3種類のお茶を入れて、親子で飲み比べを行い、自分の好みのお茶が見つかったようです。
 今後も日本茶を通じて、次世代の子どもたちが和食文化に触れる体験を進めて参ります。

IMG_5108
IMG_5125