平成30年2月26日(月)楠公レストハウスにて平成29年度第4回普及・啓発部会が開催されました。
 
 今回は、和食と緑茶の組み合わせの相性についてスポットを当て、当法人の企業正会員である株式会社伊藤園中央研究所副所長 衣笠仁様にご登壇頂き、「和食のうま味を引き立てる日本茶」について講演が行われました。
 和食とお茶のかかわりの話、和食とお茶の相性について、更にお茶によるカツオだしの呈味増強効果の体験を行い、参加者全員で検証ができる参加型の講演となりました。 
 
 講演後は、「うま味の秘密」についてトークセッションを行いました。
登壇者は伏木会長、後藤部会長、衣笠氏です。研究者、料理研究家のそれぞれの立場から和食のうま味についてご意見を頂き、大変興味深い内容で参加者も楽しめるセッションとなりました。
 
 部会においては、農林水産省 五十嵐和食室長よりユネスコ登録5周年に向けた取り組みについてのお話をいただきました。
 また、会長、植松常務理事より「五節句プロジェクト」の説明を行い、鈴木常務理事より「普及・啓発部会」の活動報告がなされました。
 
 部会終了後は、楠公レストハウスによる「桃の節句(五節句の一つ)」と「お茶」をテーマにした料理を頂きながら懇親会を行い盛況の内に終了致しました。

DSC03364
DSCN1994
DSCN1990
DSC03397