2017年11月22日(水)日本外国特派員協会(東京都千代田区有楽町)にて第5回日本食文化賞表彰・顕彰式典が開催されました。

【日本食文化検定通信教育講座 最優秀賞】
【生産農家賞】:ギネス認定「世界最高米」の原料米で有機肥料ではなく菌(有用微生物郡)で有機肥料を発酵、分解させた「ボカシ肥料」でつくる南沼産コシヒカリ「関家のこだわり米」の関 智晴・博之親子
【名工賞】:素材の持ち味を表現した料理と須田青華窯の器にこだわる1日3組様限定の「青華こばやし」の店主小林雄二氏(東京都新宿荒木町)
【日本食文化賞】:食に関する資格を数多く取得し学習、研鑽している(公財)海洋生物環境研究所の小倉健治氏(千葉県いずみ市)表彰状が実行委員長の伊佐ミルトン氏から授与され各賞ごとに東京ベイ舞浜クラブリゾートホテルのペア宿泊券、高級ワイン・日本酒等の副賞も授与されました。

 ご来賓の山東昭子参議院議員、近藤誠一元文化庁長官から心温まるご祝辞をいただき、ミス日本酒の田中梨沙さんの乾杯のご発声で祝賀懇親会が賑やかに始まりました。

第5回 日本食文化賞 表彰…_171123_0056
第5回 日本食文化賞 表彰…_171123_0030