文部科学省より、次期学習指導要領等の改訂案が公表されました。
今回の改訂では、社会の変化が加速度を増す中で、これから学んでいく子供たちが大人になる2030年頃の社会の在り方を見据えながら、どのように知・徳・体にわたる「生きる力」を育むのかを重要視しています。

今回の改訂で、小学校家庭と中学校技術・家庭では「伝統的な日常食」や「和食」が明記されています。
現在、本件に関して広く意見を得るため、パブリック・コメント(意見募集)が行われています。

詳細は以下よりご覧ください。(文部科学省ホームページ)
http://www.mext.go.jp/b_menu/activity/detail/2017/20170214.htm