日時 2017年2月18日(土)10:30~13:15
場所 ANAクラウンプラザホテル京都 2階 平安の間
主催 龍谷大学(食と農の総合研究所付属「食の嗜好研究センター」)
   NPO法人日本料理アカデミー
   日本料理ラボラトリー研究会

昨年は、「日本料理の国境線」と題して行われましたが、二回目となる本年は「日本料理の新しい味を探る」がテーマ、赤松龍谷大学学長、門川京都市長のご挨拶で始まり、龍谷大学教授でもある和食会議の伏木 亨会長代行の趣旨説明、研究者と料理人のトークセッションが行われました。
 「日本料理」と言えるラーメンスープとは如何なるものか?それを探るということで、日本料理アカデミーの会員である京都の有名料理人多数が、そのコンセプト、使用材料と調理方法などのプレゼンテーションを行い、試食で味を競いました。日本料理アカデミーの理事長でもある和食会議の村田 吉弘副会長もプレゼンテーションのトップで登場し、「緋色の味」と題して、赤いビーツを使った味噌のスープを紹介しました。
 いままで味わったことの無い10種類のラーメンを、参加者は驚きと共に堪能していました。いずれも考え抜かれた力作で、間違いなく「日本料理」と言えるものばかりでした。

IMG_1185 IMG_1186

IMG_1188 IMG_1189

IMG_1190