11月24日「和食の日」に、汁物等をいただいて、だしのおいしさを味わおう

 平成25年12月、ユネスコ無形文化遺産に「和食;日本人の伝統的な食文化」が登録されて以来、和食が話題に上る機会が大変多くなりました。学校給食においても和食の魅力を改めて認識する機運が高まっています。幼少期は、食の大切さを学ぶ重要な時期です。家庭において、伝統的な食文化を伝えることが難しくなっている昨今、学校給食の果たす役割は非常に大きくなっているといえましょう。

和食の味わいの中で最も重要で、かつ様々な料理の味を決定づける要であるだし、日本が世界に誇る第五の味覚であるうま味を、児童が実感し、和食文化への興味を持つきっかけとしてもらうことを目的に、昨年、平成27年度、11月24日「和食の日」を中心として、全国の小学校、中学校等で「だしで味わう和食の日」企画を実施致しました。その結果、全国で約2,000校、50万人の児童にだしのおいしさを味わってもらいました。ご協力を頂きました皆様には、あらためて御礼を申し上げます。

本年度、平成28年度は、全国の小学校・中学校のみならず、保育所等にも取り組みを拡大し、和食給食の輪を一層広げてまいりたいと考えています。あらためてご協力の程宜しくお願い申し上げます。

平成28年度版の「協力校募集チラシ」をご用意いたしました。是非、ご参加の程お願い申し上げます。

協力校募集チラシ

20160701_pdf

複数校でとりまとめてお申し込みの場合はこちらの申込書(リスト・Excelデータ)をお使いください。

「児童・ご家庭向け資料」、「先生方向け資料」も、昨年同様ご用意をさせていただく予定です。本年度はダウンロード用のPDF資料の他、自治体等でまとめてお申込みを頂いた場合には、カラー印刷した「児童・ご家庭向け資料」を自治体等へお届けさせていただく予定です。ご協力いただける自治体、給食センター等の皆様は、事務局までお問い合わせ下さい。

まずは、11月24日の給食を和食献立にしていただき、参加の申し込みをお願いいたします。

※昨年度(平成27年度)の「児童・ご家庭向け資料」(参考)は、こちらから
※昨年度(平成27年度)の「先生方向け資料」(参考)は、こちらから