講師の百田様から以下の報告をいただきました。

 高知県香美市立片地小学校5年生12人を対象に出前授業を行いました。講師は個人会員の百田美知と土佐料理「司」高知本店の北村店長、伊藤総料理長です。
 3校時は百田から「和食について」の座学と、硬水・軟水それぞれの水でとった「昆布だし」、「相乗効果」のだしの「飲み比べ」また、香美市物部にのみ伝わる「ハチマキダイズ」を使った「ダイズだし」も試飲し、豆を使った郷土料理も紹介しました。
 4校時は、土佐料理「司」北村店長、伊藤総料理長から。まずアジの煮干し・ムロとカツオ節を試食してもらいました。「これ美味しい。おやつにしたい」とその後の実習用に用意していたお皿が空になる程でした。続いて伊藤総料理長より昆布と煮干し、ムロとカツオ節を使った「だし」の取り方、「お味噌汁」の作り方の説明と実演が行われました。プロの技を間近で見られる貴重な機会と校長先生よりお声掛け頂き、授業が空いていた先生も見に来て下さいました。
 いよいよ生徒による「お味噌汁」作りの実習です。北村店長、伊藤総料理長の指導のもと3班に分かれて行いました。地元の名産「生姜」と「ニラ」も使用した美味しいお味噌汁が完成しました。「いつも飲んでいるものより美味しかった」「自宅でもだしをとりたい」と嬉しい感想が聞かれました。
 給食の時間は、百田より「器と箸の扱い方」について話をしながら一緒に頂きました。

11
22
33
44