8月22日(火)13:30~15:00、東京高輪の(公財)味の素食の文化センターにおいてオリパラ等経済界協議会WG④参画企業のメンバー約30名に対し、当法人副会長で技・知恵部会長の村田吉弘氏が、和食の優位性についての講義とその要にある「だし」についてのデモンストレーション、試飲を実施しました。
 目的は東京オリパラ2020大会に向け、メンバー企業が和食やだしについての見識を高め、日本文化・和食の発信機能を担う力を身に着けることです。

 参加者は、講義で世界に誇れる和食の素晴らしさを再認識し、デモ、試飲では改めて「だし」のうま味を体験し、感動の声を上げていました。
村田副会長のお話はユーモアに富み、笑いの絶えない一時間半となりました。

 

IMG_1387
IMG_1390