10月18日(日)に農林水産省主催、福井県共催、和食会議他後援で『「和食が育む、日本人の味覚と食文化」シンポジウムin福井』が開催されます。

「地域で育まれる和食」をテーマに、食育のトップランナーとして注目される福井の取り組みや、学校給食の重要性についても考えます。

シンポジウムでは西川一成福井県知事や、服部学園理事長・和食文化国民会議理事 服部幸應氏の講演やパネルディスカッション等を予定しております。

参加は無料です。事前申込制、定員200名で、お申し込みの締め切りは10月14日(水)です。

平成27年10月18日(日) 13:30~16:30予定
・会場:福井県産業情報センター(坂井市丸岡町熊堂3-7-1-16 ソフトパークふくい内)
・主催:農林水産省
・共催:福井県
・後援:一般社団法人 和食文化国民会議

■登壇予定
西川 一誠氏(福井県知事)
服部 幸應氏(服部学園理事長、日本食育インストラクター協会理事長、和食文化国民会議理事)
進士 五十八氏(東京農業大学名誉教授、元学長、福井県里山里海湖研究所所長)
堀川 清治氏(農事組合法人 上江ファーム代表理事)
園部 晋吾氏(山ばな平八茶屋21代目若主人、日本料理アカデミー地域食育委員長)

お申込み:下記「和食が育む、日本人の味覚と食文化」シンポジウム特設サイトよりお申込みください。

「和食が育む、日本人の味覚と食文化」シンポジウム特設サイト
ご応募はこちらから

リリースはこちらから [PDF/639KB]

■お問い合わせ
(株)読売エージェンシー内 『和食が育む、日本人の味覚と食文化』
シンポジウム事務局(平日10時~17時)
電話:03-5226-9908 FAX:03-5226-9929
メール:washoku-sympo@yomiuri-ag.co.jp