一般社団法人和食文化国民会議(略称:和食会議)は、和食文化を次世代へ継承するため、その価値を国民全体で共有する活動を展開しています。

中国・四国地方

岡山県

団体名 住所(市区町村まで) 活動概要
JA岡山県女性組織協議会 岡山県岡山市北区磨屋町 (1)シンポジウム,学会,講演会等実施
■地域に暮らす住民、消費者等を対象に地域の農畜産物を使った料理の試食会、講演会を行 ない、地産地消・食と農のたいせつさを伝える、クッキング・フェスタを開催
①2014年09月テーマ:「いただきます 地元の美味しさ新発見」(参加者200名)地元産農産物のご紹介、試食会、講演「地域の野菜をおいしくたべよう、その方法は?」 講師 宮本和秀氏
②2014年11月「探してみようや地域の宝 食べてみようや地域の食材」(参加者200名)試食会、講演「旬のもので元気になる」 講師 伊藤玲子氏
③2015年10月「みんなで食べよう! 野菜 満載 幸せレシピ」試食会、ミニ講演会(実演有り)「地元の食材が一番おいしい」 講師 料理研究家 きじまりゅうた氏
④2015年11月「JA勝英 家の光クッキング・フェスタ」試食会、地元農畜産物のPR、講演会「地元の食材が一番おいしい」 講師 料理研究家 きじまりゅうた氏
⑤2016年2月2日平成27年度 県地女連大会開催。 記念講演:講師、田嶋陽子氏、男女共同参画活動報告あり。

(2)講座等開催
■ 2015年2月、公立短期大学学生を対象に新見の伝承料理である「山菜おこわ」の調理指導実施。「山菜おこわ」は、貯蔵野菜や塩漬け、乾燥した山菜、こんにゃく等春に貯蔵したわらび、ぜんまい、たきみずな、たけのこ等、また秋の香茸、さくらしめじ等、山の幸で香り豊かなおこわ。

鳥取県

団体名 住所(市区町村まで) 活動概要
三朝とちもちぞうに縁JOY会 鳥取県東伯郡三朝町 ○栃の実のアク抜き技術の研究
⇒次世代へ伝承するためのDVD作成
○とちもちを食べる機会の提供(提供店の拡大)
⇒町内の飲食店や旅館で提供していただける店を募集
○食文化に関する調査研究
⇒正月の雑煮に関するアンケート調査を実施
○イベント参加による情報発信
⇒食のみやこフェスタ、ご当地グルメフェスタ等に出店
米子いただきがいな隊 鳥取県米子市彦名町 ○市外・県外への認知向上を目的として出展(東京・大阪・兵庫・岡山・広島・島根など)。
○「いただき」提供店舗にポスター・のぼりを配布。各メディアに出演・PRするなど、提供店舗拡大に努めて
  いる。
○地元婦人部と連携した、「いただき」のおいしい作り方の研究及び弁当としての可能性を追求。また、公民
館等と連携し、スポーツイベントや地域活動に参加し、「いただき」を提供。
○小・中学校のPTAと連携し、若年層を対象とした「いただき」の料理教室を開催。また、高等学校の家庭科
の授業に取り入れるなど、次世代へ伝承する取組みを実施
大田市食育ボランティアの会 島根県大田市 ○郷土料理、食文化の伝承
○食育の啓発
   ・朝ごはんの大切さや偏食などについて紙芝居などで読み聞かせ
   ・調理補助、指導
   ・正しい食生活について
   ・イベントなどでパネル展示やチラシの配布、出店

山口県

団体名 住所(市区町村まで) 活動概要
周防大島くらし体験ネットワーク 山口県周防大島町 ○ 島外からの観光客や移住者との交流を進める中で、島が単なる遊びのステージとなるのではなく、島の農漁業やくらしが理解され、支えあえる場面を作っていくことが重要との意識が生まれた。
○ 女性たちが連携し、地域食材や郷土料理等をテーマに、島外者と語り合う会や特産品の柑橘を活用した特産品づくり体験等、消費者等と交流する「周防大島食と農業探検隊」を試行した。
○ この取組が礎となり、「周防大島くらし体験ネットワーク」を結成し、郷土料理づくりや農漁業体験等、身の丈にあった小さな交流活動を開始した。

香川県

団体名 住所(市区町村まで) 活動概要
「かがわの食育 おいしいね!かがわネット」  健康福祉部健康福祉総務課 健康づくり・糖尿病対策グループ” 香川県高松市 県が推進する食育情報サイトにおいて、県下の食育活動、生産者や飲食店、食に関わる人々との連携の様子が報告、公開されている。「さぬき食文化博士」養成事業など、人材育成にも熱心に取り組んでいる。
「讃岐の食」 かがわ地産地消運動推進会議 香川県農政水産部農政課 企画グループ” 香川県高松市 県が推進する地産地消、地域進行の活動を、県ホームページの「讃岐の食」サイトで定期的に公開している。

高知県

団体名 住所(市区町村まで) 活動概要
土佐伝統食研究会 高知県高知市 高知の食文化研究の第一人者 松﨑淳子氏(高知県立大学名誉教授)が主宰する研究会(2003年発足)。教員や元生活改良普及員、栄養士などで構成される会員が月1回集まり、高知の伝統食の伝承のためにさまざまな活動、情報交換を行っている。調理ができる会員が多く、県や市が行う食育イベントでは、講師派遣や調理補助をチームで行い活動を支えている。
土佐学協会 高知県高知市 大学教員、酒蔵代表、農生産者、デジタルアーキビストなど多彩な会員が集い、高知県の文化的・社会的・経済的活動の多彩な面に着目し、その保護・継承の活動を展開する。会誌発行、「土佐の郷土寿司」、「酢みかん文化」、「土佐酒」などについての情報発信とイベントを継続して行なう。
高知県産業振興部 農産物マーケティング戦略課 高知県高知市 県をあげて高知の特産品、郷土料理、調理技術の伝承等に関する情報公開、イベントなどを継続して行なっている。県内だけでなく、県外や海外への広報活動、輸出支援活動(たとえば、北川村の柚子)なども盛んである。


お気軽にお問い合わせください TEL 03-5817-4915 受付時間:(平日)10:00〜17:00

  • 和食文化の保護継承活動実施団体のご紹介
  • ブックレット好評発売中
  • 食育イベント「出前授業」
  • 「だしで味わう和食の日」資料はこちら
  • おいしい「だし」の取り方&「だし」を使った和食レシピ
  • 11月24日は「和食」の日
  • 1204和食セッション〜次代へ繋ぐ和食の集い〜
  • 「和食」ユネスコ無形文化遺産登録決定
  • 和食会議が提唱する「和食の心とかたち」
  • 保護・推進助言委員会
  • パンフレットをご活用ください
  • Social Networking Service

    FaceBook
PAGETOP
Copyright © Washoku Japan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.