講座 おいしくてためになるお魚の教室「鮮魚の見分け方と解剖見学、お味噌汁の試食教室」
実施 一般社団法人大日本水産会
内  容 和食で欠かせないのは、魚介類です。色々な角度から水産物をテーマにした「出前授業」を行います。
*講師は本会の「おさかな食べようネットワーク」登録講師や魚食普及活動の協力者が行いますので、講師によって実施内容は異なります。

《登録講師》:当センターが主宰する「おさかな食べようネットワーク」の会員で、講師登録を行った方です。おさかなマイスター(日本おさかなマイスター協会認定)やお魚かたりべ(水産庁長官任命)等の有資格者、水産会社や水産関連団体の職員やOB、魚食普及活動をされている方等で、基本的に料理教室や出前授業を行ったことがあります。)

①「鮮魚の見分け方と解剖見学、お味噌汁の試食教室」(体験)
良い材料を見分けるのはコツが必要です。色々な魚で鮮度の見分け方を覚えましょう。
見分け方を覚えたら、先生が一匹の魚を解剖しながら食べる形にしていく様子を見ます。
スーパーで並んでいる切り身が体のどの部分かが分かり、骨の位置などもしっかりと覚える事が出来ます。
最後に解剖した魚をお味噌汁で食べて、魚が料理になる流れを理解します。


※所要時間は相談に応じます
対象 小学校低学年, 小学校高学年, 中学校
人  数 基本的に1~2クラス単位で実施。
所要時間 60分
地  域 東京都, 愛知県
基本的に首都圏、中部圏(それ以外はご相談に応じますが、希望校の最寄の講師に依頼します。)
水産物
実施者情報
企業・団体名 一般社団法人 大日本水産会 魚食普及推進センター
担当 早武 忠利、川越 哲郎
住  所

〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-13
三会堂ビル8F

※参加人数、授業時間などは目安となります。ご相談に応じます。

メールでのお問い合わせはこちら